ナレーター,ナレーションってどんな仕事?,

映像にあわせて喋る、『声の表現』です

声優のように「ドラマをつくり」、アナウンサーのように「正確に告知する」両方の表現と技術が必要です。

番組ナレーションではその場で原稿を渡され、即座に読みこなしていくので、読むことの反射神経を磨く訓練が大切です。ナレーション収録(MA)は番組制作の最終作業です。映像に生き生きとした躍動感や説得力を加えていきます。

地上波TV番組だと何百万人に「声で伝える」ことになります。
 
ドキュメント、報道、バラエティ、情報、スポーツと、ほとんどの番組がナレーターの活躍の場です。
 
片隅ではありますが芸能の一部ですので、TVの華やかさと共に競争のシビアさもある世界です。

スクールバーズ,ナレーター専門スクール,養成,なるには,なりたい,ナレーション,報道,

『報道』ではしっかりとした読みの技術が要求されます。

その上で、アナウンサーの技術を超えた表現力が要求されます。特集コーナーではバラエティ寄りの表現も必要です。また『ドキュメント』では、俳優やタレントもナレーションを読むことが多くなりました。ライバルとして競り勝つのは簡単な道のりではありません。

『バラエティ・情報番組』は
ナレーターの檜舞台といっても
過言ではありません。

 
番組を印象づける個性的なタイトルコール。曲や商品をかっこよく紹介するランキング。「この後すぐ!」といったあおり。出演者へのツッコミ。「一方そのころ…」といった狂言まわし。PR予告で引きつけ、告知コーナーでは正確さが。これらをこなすには、多彩な表現や個性、そして最新の技術を要求されます。

スクールバーズ,ナレーター専門スクール,養成,なるには,なりたい,ナレーション,
スクールバーズ,ナレーター専門スクール,養成,なるには,なりたい,CMナレーション,

15秒間ですべてを表現し、
時代をリードする
『CMナレーション』

 
ワンセンテンスに集中して創り込むことは、番組とは違うノウハウがあります。言葉への感性、そして声の存在感が要求される現場です。

番組以外では
『VP(ビデオパッケージ)』

 
オンエアはしない映像もあります
一般的には企業紹介ビデオがあります。

スクールバーズ,ナレーター専門スクール,養成,なるには,なりたい,ナレーション,VP,

ナレーターの楽しさ厳しさ

スクールバーズ,ナレーター専門スクール,養成,なるには,なりたい,ナレーション,
ある売れっ子ナレーターはこう言いました。

「自分の声で何百万人もが、笑ったり、泣いたりしていることを想像するとゾクゾクする」
 
「番組のカラーを決める存在」といわれ、最後に映像に魂を入れる責任ある仕事です。
だからこそナレーターは現場でリスペクトされています。
新人でさえ丁寧に遇されているといえます。
 
経済的にも他の声の仕事と比較すると恵まれていると言えます。
事務所に入ることや入った後に悩んだりせず、フリーで仕事をしている人も沢山いることもその理由かもしれません。

また年齢の制限がないことも特徴です。
もっとも遅く始められ、もっとも長く続けられる芸能はナレーションなのです。
80歳代でゴールデン番組をもち続けることができる芸能はなかなかありません。
 
だだしナレーションも(片隅ですが)芸能の一部です。売れる売れないのエッジに立つ厳しさを覚悟して学ぶ事が大切です。

「ナレーター」と「その他の声の仕事」

声優

アニメや洋画の吹き替えをする。「セリフの専門家」として、言葉に感情をのせ、ドラマを表現しています。また特徴としてランク制によってギャラが規定されています。声優としてのキャラクターを評価されて、「TVナレーション」で起用されることもあります。近年は声優とナレーターの分化が進み、両立している人は少数派になっています。
 

アナウンサー

「情報を伝達する専門家」です。読みにおいては明瞭な発音やアクセント、一定のリズムで、「正確に告知」することを重視しています。近年では、報道番組の顔出し部分をアナウンサーが、顔出しのない部分の多くはナレーターが読んでいます。アナウンサーは顔出しする役割として、司会やレポーターもこなしています。声の仕事としてはVPなどを専門にやるかたが多いようです。
 

司会・イベントMC

お客さんを前にライブで読む仕事です。「台本を覚えることが必須」であることが他の声の表現との大きな違いです。司会は式典、結婚式、葬儀、店頭など。イベントMCは広い会場で聞かせる独特の表現をしています。「(イベント)ナレーター」と呼ぶかたも多いのですがTVナレーターとは読み・発声など違う点が多いです。
 

ラジオDJ・パーソナリティ

「フリートークの専門家」主にフリートークをしながら、音楽を聞かせていく仕事です。生放送も多いので、アドリブ的要素も多く要求されます。自由に語るのではなく、決められた原稿を読みこなしていくテクニックがナレーションには必要です。
 

朗読・読み聞かせなど

お客さんを前にライブで読む仕事です。話し言葉ではなく「本の文章」を読んでいく表現力が必要です。映像とタイムの縛りがないので、TVナレーションとは技術や表現の方向性が異なることが多いです。
 

ナレーターの秘密,ナレーション専門スクールバーズ,ナレーター,ナレーターの秘密,ナレーション専門スクールバーズ,ナレーター,
説明会,見学,スクールバーズ,ナレーター専門スクール,養成,なるには,なりたい,ナレーション,