ナレーター専門マネージャー義村透,営業,講師,ベルベットオフィス,スクールバーズ,ナレーション専門スクール,猪鹿蝶,GALAC,

テレビ&ラジオを生業とする者であれば一度は耳にしたことがある「ギャラクシー賞」。1963年から続くこの賞を選出している公式媒体が雑誌「GALAC」。10月号のテーマは「ナレーション考」。寄稿するのはキー局の中心アナウンサーやベテランナレーターたち。
 
その中で「人を生かすマネージメント」の視点からナレーション論文を発表したのが、ベルベットオフィス代表取締役・義村だ。
 
声業界に新人を生みだすためのまったく新しい仕組み「スクール&スタジオバーズ」「猪鹿蝶」を創り出し、才能を世に送り出し続ける義村が叫ぶ”時代”とは。
教育者とマネージャーの視点から、ナレーションのあるべき姿や課題に迫る3部作。

[ vol.2 声優教育の2つのガラパゴス ]

[ vol.3 テレビは本来の毒を忘れるな ]

『時代と呼吸するナレーターの育成・採用・生かし方とは』前編

(新時代メディア批評誌「GALAC」2012年10月号掲載)


ナレーションは時代と呼吸する。


 
深夜。ナレーション収録はなぜだか夜になる。ブースの赤いキューランプが点灯すると、MAルームに勢いの良い声が響き渡る。「尺こぼれました、もう一度」「もっと張って!巻いて!」「尺余ったな、原稿直します」「今の最高です。ではその調子で、もうワンテーク!」

ディレクターがブースのナレーターに指示を出す。企画、ロケ、スタジオ収録、編集を経て、作品の最終段階を迎えるのがMA作業。それまでの映像が、言葉を持つ瞬間だ。番組をわかりやすく噛み砕き、視聴者の注目を集め、さまざまな彩りを加える。最後に思いを込める。華やかさ、緊迫感、優しさ、高級感からお値ごろ感まで。読み手によってその番組のイメージがふくらむのだ。今のテレビ制作では欠かせない存在であるナレーション。その課題と、これからの可能性について考えてみたい。
 
テレビが誕生してまもなく60年。日々の事象を追いかけるテレビは今日もかしましい。そのかしましさの一端を担っているのもナレーションかもしれない。ナレーションは「説得力」を持つことが第一義的な意味である。それに加え、現代においては「カラーを決める」「注意を引く」役割がある。声は感情を表現できる最も効果的な方法だ。喜びや悲しみ、そして怒り。それだけではない。もっと高度な感情表現も可能だ。寄り添うこと、尊敬、癒し、軽蔑、そして勇気。そのひと声で空気が変わる経験を誰もが持っているのではなかろうか。
 
さらにテレビの中でメッセージを発することにはもう一つ、もっと本質的な、大きな役割がある。それはすなわち、映像に「魂」を入れていくことだ。
 


混在するナレーションの定義


 
「ナレーションとは何か?」という問いに対して、明快な規定は存在しない。来歴から、アナウンス(告知する技術)と語り(ドラマの表現)が混在し、融合して来た。だが進化した現代ナレーションの定義については、喋り手も作り手も曖昧な認識のまま、捉えきれていないのが現状だ。舞台での朗読、ラジオでのトーク、はたまたイベントでの司会まで、みな広義に『ナレーション表現』と考えられている。そのことが、曖昧さのもとではなかろうか。
 
数年前から、ある問い合わせが度重なった。
「ナレーターとして7年のキャリアがあるのですが、登録させてください」
話が噛み合わず最初は困惑したが、やがてそれがイベントのMC、つまりナレコン(=ナレーターコンパニオン)の方だとわかる。
 
近年、イベント業界ではナレコンとは言わず、ナレーターという名称で定着しているようだ。他にも結婚式の司会、朗読の会、小劇場での演劇、歌手によるボイストレーナーまで、それぞれの声を使う業界が、その表現の延長線上にナレーションがあると言い始めた。表現は突き詰めるとみな一緒なのだと。確かにそれにも一片の真実はある。しかし、その違いや特性の認識もないままでナレーションを語られることに、違和感を覚えざるをえない。
 
では、ナレーションと他の言語表現との違いは何か。ここではあえて「ナレーション」を狭義に、「テレビ(映像)ナレーション」と定義したい。
『映像メディアと共にある音声表現』である。
現代におけるナレーション表現は、映像なくしては成り立ちにくい。朗読、イベント、ラジオで語る表現は、その上演環境やメディアの特性によって、それぞれが独自のものである。舞台では「語り」や「司会」、告知放送では「アナウンス」、ラジオでは「トーク」だ。
 
映像メディアでのナレーション技術は、表現文化として独自の進化を続けてきた。特に日本のバラエティにおけるナレーションは、作品の変化とともに、世界にも類を見ないであろう多様性を生み出しているといえる。
 
「アナウンス」と「語り」。ナレーションはこの2つの喋りの技術から発生し、それらを融合させ、進化させてきた。まずは、それぞれの問題点を書いていきたい。
 


初音ミクがアナウンスする日


 
まず、アナウンスとは明解で正確であることを基にした『告知のための技術』である。抑揚を抑え、客観性を持たせる。また、標準的なアクセントであること。これらはしばし「正しい日本語論」と結びつけられ、古参のアナウンサーたちの存在理由になってしまっている。それはプロパガンダとしてのメディアの誕生とともに、標準語を制定した必然と無関係ではないように思われる。「正しい日本語」の軸が時代とともにうつろい、同時にアナウンスの言葉も彷徨い続けている。だが皮肉なことに、今のメディアで生き残っているアナウンサーたちは、告知技術から離れ、ほとんどみな独自の「語り」を編み出した人である。みのもんたしかり古舘伊知郎しかり。
 
朝の情報番組では裏声の女子アナたちが、けたたましく声を張り上げる。裏声が可愛らしさの記号なのだろうか?歌舞伎の女形は当然みな裏声だ。これは日本文化の特殊性だが、これも女子アナという日本の特殊文化に起因する事なのだろうか?人は緊張がある時やウソをつく時に声が裏返るはずだ。 にもかかわらず、多くのアナウンススクールの教育では、いまだに裏声で読むことに違和感がないようだ。全国各地の番組に、アナウンスくずれの裏声ナレーションが溢れている。ナレーションの大切な要素である「説得力」とは真逆の方向性にもかかわらず。
 
アナウンサーは、その読みに正統性を追い求めてきた。だが、『日本語アクセント辞典』(NHK)の改定ごとに日本語の変化は確定され、そのたびに正しい日本語論は迷走してきた。文学者は言葉が変化することを前提にしているのに、それを受容しきれていないのだ。
 
抑揚のない無味乾燥なアナウンス技術の延長でドキュメンタリーなどを読まれると、眠気を禁じ得ない。伝える何かを失ったとき、その表現は窒息してしまう。それまでのアナウンスの必須要素である滑舌、アクセント、鼻濁音や無声化など。それらを完璧に操る初音ミクがアナウンスする時代はまもなくだろう。災害緊急時のアナウンスにはそのほうが迅速に対応できるのではないか。
 
アナウンスは、あるべき姿そのものを打ち破ることなくして再生はない。それを打ち破って来た先達たちはいる。次世代のアナウンサーたちにもそれを期待したい。
 

次回「ナレーション論(中編)」では声優教育と、
俳優や芸人によるナレーションについて。

 

ナレーター,ナレーション専門スクール,なりたい,なるには,どうやって,

 


 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |