CORE

ナレーションの中心になるもの

初心者からでも学べる、プロにとっては再発見の基本が充実しています。

ナレーター教育で大切な事は「いまの感性に触れる」環境です。

「コア」を鍛えることで伸ばす環境

バラエティから報道まで。”いま”の番組でナレーターを勤める、さまざまな講師による多様なアプローチ。徹底的にナレーションの型をコピーしていく。プロと初心者が共に学び互いに刺激を与えあう”環境”。これがバーズ養成システムの強みであり、大きな成果に結びついています。

ストレートの理論とバラエティ表現

声優系の方にはナレーションの理論をきちんとふまえることでストレートな読みを。アナウンス系の方にはバラエティの感覚をつかんでいくためのコースです。両輪の表現を自分のものにしていきましょう。授業の中で自分の位置をきちんと知ること。それが飛躍のためのステップになります。発声滑舌はチェックしていきますが、練習は個々になります。

レッスン内容(全20回)

ナレーションの守破離坦々と報道番組報道の色付け
ナレ知っとく!バラエティのコピーチェックマイク実習
実践滑舌お助け隊ストレートのコピーチェック情報番組とVO
バラエティの基本坦々と報道番組音楽とバラエティ
ロジカル発生情報番組の型CMの立ち位置
アナウンス理論語尾特化強みを探す
表現とコピーの準備場をつかむ 
ボイストレーニング、オプション、セミナー、ブランディング聴講

スクールバーズでは入学後、上記の3つのコース以外にも様々な学びの場を提供しています

説明会申込はコチラ