ナレーションの虎

最前線と対話せよ
虎よ、虎よ!
牙を剥け!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 技術/練習方法
  4. 【ナレーションの練習/技術】緊張とメンタル

【ナレーションの練習/技術】緊張とメンタル

投稿者:ナチュラル2011/05/26(Thu) 18:04

緊張すると声がでなくなってしまいます。

はじめまして。いつも勉強させていただいております。

私は普段の会話や歌以外で声を出そうとすると喉がしまり声が出にくくなってしまいます。

特にあ行が頭にくる文だと気持ちは緊張していないのですが体が勝手に緊張してしまい第一声がすぐには出てきません。

ようやく少しですがナレーションの仕事が入りはじめたのに…。

とても不安です。自分なりに対処法を探して試してみたのですがなかなか改善されません。仕事をする前はそんなことはなかったのですがどうしたらいいか困っております。

解決策がを教えていただけないでしょうか。

Re: 緊張すると声がでなくなってしまいます。

回答者:大窓王2011/10/05(Wed) 18:06

「緊張すると声がでにくくなってしまいます」
これは表現や技術のことではなく「メンタル」の要素です。

それぞれのナレーター陣もなかなか書きづらい内容なかと思います。なぜなら一人一人の抱える課題が違っているからです。原因も目的も人それでしょうから。「メンタル」の対処法に決まった形はないです。以下に私なりの「メンタル」への対処法を書いてみます。ただし専門分野でないので軽く受け止めてくださいね。

一つの「メンタル」へのアプローチ。その緊張はどこから来るのか。どんな経験から緊張するようになったかをたどっていくことです。きっと無意識下にひそませているようなことだろうと思われます。その原因が見つかった時に問題が解決する…かも知れません。

もう一つの「メンタル」へのアプローチ。緊張してあ行が頭に来る文をうまく発声出来ない。それが自分であることを認めること。たとえそれが欠点であっても、自分自身であり個性ととらえることは可能なのですから。その欠点=個性をカバーするような工夫を探していきましょう。そうするうちにやがて緊張していたことも忘れることになる…かもしれません。

「メンタル」を克服するのは「メンタルの力」なのです。乗り越えた先に、ナレーションの仕事が広がっていくことを祈っています。

関連記事

説明会申込はコチラ