ナレーションの虎

最前線と対話せよ
虎よ、虎よ!
牙を剥け!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 技術/練習方法
  4. 【ナレーションの練習/技術】声がこもって聞こえる

【ナレーションの練習/技術】声がこもって聞こえる

投稿者:きりん2004/10/27 19:52

響かない?

いつも拝見していますが、書き込むのは初めてです。リポーターをしているのですが、ナレーション部分は、OAで聞くと「声が小さくこもっている様な感じ」になります。声に深みというか幅というかそういった感じが足りないと思っているものの、大きな声を出すのでも無いような。(暗いとも)

効果的な練習ってありますか?

Re: 響かない?

回答者:優2004/10/30 00:48

こんにちは。ナレ虎へようこそ。

きりんさんのお仕事がどのようなものか分かりませんのであまり深い事は言えませんが、ナレーション部分をスタジオのブースで収録するのでしたら最もベーシックな方法は、意識して口を大きく開けてしゃべるようにする事です。

また、ある程度「音感」というものに自信がおありでしたら、ナレーション収録の時に声のトーンを上げてみる事も一つの手です。

要するに、出す声の「音程」を上げるという事です。実際にブースでしゃべっている時は初めは違和感を感じるかもしれませんが、それ位の事をしなければOAを聞いて変化を感じる事も無いでしょう。

これらはあくまで一番簡単な方法、ほんの一例です。それでもかなりの変化があると思います。とにかくいろいろと違う事を試してみて、その度にOAでどのように変化したかをチェックし、また違う事をする。そうして徐々に照準を合わせていく作業を繰り返す事が、一見遠回りに見えて実は一番効果的なのだと思います。頑張って下さい。

ありがとうございます

投稿者:きりん2004/10/30 11:37

わぁ!参考になりました早速やってみます。ブース内でテンション上げるの苦手で、声ばかり大きくなっていたんです。いろいろやってみます!!

ちなみに、番組は大学の研究室を回ってその内容を紹介したり、企業の社長にグローバル戦略を伺うという堅いものです

Re: 音程

投稿者:きりん2004/11/07 07:59

アドバイスを頭において録音に臨んだのですが…特に「音程を上げる!」というのが難しいです。でも、これからの参考になりました!!

私の特徴として、音の高低の幅が少ないようで、特に文章の中で高さを出すのが苦手です。全体的なトーンを上げるのもしかり、文章の中での高低さというのも結局高さなので、がんばらねば!と実感しました。

ありがとうございました。

関連記事

説明会申込はコチラ